↑ 風呂覗いてみました。


by ForLucker

君主論 君主の征服

征服を実施する場合には君主には多くの配慮が求められる。マキャヴェッリは征服地域に近接する諸外国に注意する必要について述べており、例えばある地域においてある弱小国を征服した場合にその周辺の弱小国もまた征服者に対して進んで服従を申し出ると考えられる。同地域に影響力を持つ大国がいるならば、征服によって得られた諸勢力と連合してその国を滅ぼすことでようやく完全に支配を確立することが可能となる。

このような征服の諸問題を克服した事例としてマキャヴェッリは古代マケドニア王のアレクサンドロスが東方遠征で得られた広範な領土を維持し続けたことを成功例として挙げている。この事業の成功については君主国の様式で説明されている。君主国には、君主が大きな権限を以って行政を担う大臣を任命し、集権的に統治する様式と、元々その地域で支持を得ている諸侯にある程度の自律性を認めて、君主が分権的に統治する様式の二つがある。前者の様式の国家を征服者が統治することは容易であるが、後者の場合では各地でさまざまな勢力が存在するために困難であると考えられる。したがってマキャヴェッリはアレクサンドロスの征服はペルシア帝国が集権的な君主国であったために安定的な統治が成功したと考察する。

征服においてはそれまで自由市民によって統治されてきた都市や国家を征服することもある。このような民衆を統治するためにはマキャヴェッリによれば一般に三つのやり方が考えられる。第一にそのような都市を滅亡させること、第二に君主がその地域へ移住すること、第三にある程度の自治を認めて君主に従順な寡頭政権を成立させること、この三つである。基本的に自由市民はかつての独立を回復しようと試みる傾向があるために、その地域の市民を統治政策の中で活用することが適当である。






・ROによる征服ってのもおかしな話なので置換えて考える。
おおよそ、ギルドメンバーの確保、交友関係の拡大と言ったところであろう。

ギルドに新規に加入してくれたメンバーが新たなメンバーを連れてきてくれる。
これはギルドを運営する上でマスターにしてみれば理想的な形とも言えよう。
何故ならば新規勧誘、つまりメンバー募集するという行為にかかる手間を省けるから。

ただ、加入したメンバーにギルドを理解してもらわないことには、このような事は起こり得ない。
そのメンバーがギルドを理解して、そして良いギルドだ、と思ってはじめて起こり得る。
友人知人を誘うのだから、何となく、って訳にもいかないのは当然のことである。

新規加入のメンバーにギルドのことをしっかりと説明することが如何に重要であるかは、もう言うまでもない。

ちなみに「国を滅ぼす」と言うことは「他ギルドを解散させる」と同義に捉えるのは、まぁまずい。
どちらかと言うとメンバーの元々居たギルドに関する概念、これを打ち崩すことに当たるのだろうか。
打ち崩すと言っても、もし今のギルドの概念よりも良いものであれば、それは逆に吸収すべきであろう。
但し逆、もしくは同等であると言うのであれば理解を求めなければならないだろう。

異なった概念を持ったままでは、それが不満に繋がる可能性がある訳で、
少しでも違和感を感じたのであれば、対話によって時間を掛けて今のギルドの概念に賛同してもらうのが理想であろう。


・集権的な統治と分権的な統治、統治という言い方は合わないと言えば合わないので、管理運営と置き換えよう。
マスター目線で言うと分権的である方が楽。メンバー目線で言うと集権的である方が楽。
簡単に考えると、ギルドにおけるマスターの仕事はメンバーが分割して担当してくれた方が、
マスター個人の負担は減る、しかしメンバー個々の負担が少しずつ増えることになる。

その辺うまく話し合って決めましょうね・・・なんてとんでもない。

余程の思想の共有が無い限りは集権的な統治の方が良い。
メンバーというものは基本的にマスターの考え方を100%理解できはしない。
良くて50~60%くらいのものであろう、いくら付き合いが長くとも100%には到達しない。
(現に自分がそうであったように)

50%理解した物同士が、同じ50%を理解しているとは限らない。
つまり、その両者が共通して理解している部分が存在しないということも有り得るのだ。
そんな状態である分野においてある程度の権限を与えた時、その両者の間では確実に摩擦が生じる。
少なくとも互いに関与しない、という状況に陥ることであろう。

心に留めておいてもらいたいのだが、人事は人事、G狩はG狩、GvはGv、イベントはイベント、独立している訳ではない。
どれも同じギルドで行うことに意義があり、同じメンバーで行うことが重要なのだ。

正直なところ、完全に別途と考えるのであればギルドをも分割すべきであろう。

ともかく、マスターはギルドを一つにまとめるという役割がある。
下手に分権的メンバーに委任し、ギルドがまとまらなくなるのであろうものなら、
永久にマスター一人で集権的に管理運営をしていた方がマシである。


・ギルドに仲良しグループが加入してきたとしよう、この時マキャヴェッリは君主論でこう述べている。
「グループを解散させる」 or 「グループに溶け込む」 or 「グループの中心人物と交流を図る」

一つ目の解散させるは少し表現が過激なので言い直そう。
グループのメンバーそれぞれに新たなグループの一員となってもらう、こう言い表すのが無難だろうか。
要するに、それぞれに新しく遊ぶ友達が増えれば良いと、そういう訳である。

もちろんそのグループの仲が良いってというのは、それはそれで良いことなのだが・・。
ギルドに所属する以上、いつも決まったメンバーと一緒にいると言うのはあまりよろしくない。
新しい集団に入ったのだから、その集団に馴染んでもらわなければならないのである。
だからこそ、グループという殻に閉じこもってほしく無い訳だ。

よって、上記の3種類のやり方が考案されたのだと思う(本質的には3つとも同義だが・・)。


たまに・・そう極稀な話なのだが・・新たに交友関係を持つ必要なんて無いと言い切る馬鹿野郎が居る。
余りこういう言い回しはしないのだが、もう一度言わせてもらおう、馬鹿野郎が居ます。

少し考えてみてもらいたい。
「何故、ギルドという集団が存在するのか」を・・・。
「今あるギルド内外での交友関係は何なのか」と・・・。

逆に、2000字以上で説明してもらいたいものです。
新たな交友関係を持つ必要が無い理由を。


マスターはそういう事は考えないとは思います。
ただ、少しでもそう考えるメンバーの皆様、これ以上考えるのが嫌であれば単純な答えで済ませましょう。

貴方の今のギルドのマスターを信じなさい。
[PR]
by ForLucker | 2010-04-22 20:19