↑ 風呂覗いてみました。


by ForLucker

君主論 君主の軍備

君主国の特質、征服、統治についての諸政策について述べた上で、軍事についてマキャヴェッリは述べている。君主にとって軍備と法律は不可欠なものであり、良い武力の下で初めて良い法がありうる。この思想は「すべての国にとって重要な土台となるのは、よい法律とよい武力とである」との言葉で要約されている[4]。そもそも軍隊は自国軍、傭兵軍、外国軍、混成軍のいずれかである。この中で傭兵軍や外国軍は無統制で不忠実であるために無用であるばかりでなく危険であると史実を引用して断定している。

傭兵軍の部隊長が、有能であれば君主はその傭兵からの圧力に晒され、無能であれば君主は戦争そのものに敗れてしまう。また外国軍についても同様に危険であり、援助や防衛のために派遣された外国軍は、援軍として勇猛であるがゆえに戦争が終結しても駐留し続け、事実上占領してしまう危険性がある。したがって君主は自国民から編制された自国軍に統治の基盤を求め、戦争においては他人の武力に頼らないことの重要性をマキャヴェッリは結論している。自国の武力がなければあらゆる君主国は破滅の危険があるだけでなく、自力で事態が動かせないために周囲の情勢に左右されるだけになってしまう。

さらにマキャヴェッリは軍事を統治者の本来的な任務に位置づけており、軍備を君主の力量を強化するものとしている。例えば武力あるものが無力な者に服従することや、無力な者が武力ある従者に包囲されて安心することはありえないことからも分かる。軍事に無能な君主は部下の兵士たちから尊敬されず、また君主は部下を掌握することができない。したがって君主は軍備には常に注意しなければならない。

軍事訓練には実践的な方法と精神的な方法がある。実践的な方法は、兵士を組織化し、基本教練を行わせるだけでなく、狩猟によって部隊を現地で鍛え上げなければならない。また、地形についての理解を深める必要がある。自国の国情について知らない君主は指揮官としての適性を欠落しており、このような知識がなければ宿営地を予定し、部隊を行軍させ、戦闘陣を展開することは不可能である。また精神的な方法では君主は歴史を学ぶことが必要である。作戦における指揮や戦術を研究して逆境における準備を思考の上でも進めなければならない。





・ROにおける軍備とは決して対人、つまりPvP・GvGだけの為のものではない。

軍備とは軍事活動の為の準備に当たる言葉であるが、戦争と言えば攻城戦(GvG)が始めに浮かぶのも無理はない。
しかし、ROにおいて侵略をギルド規模拡大(メンバー勧誘)と例えたように、軍備もそれ相応のものに例える。

軍備とはギルド内の環境整備。

そして環境とは狩り・対人・会話・イベントなど、全ての分野の状態に当たる。
簡単にまとめると、メンバーの鋭気を養う・・・言い直すと接続意欲を向上させる環境作りこそが、軍備である。

ギルド内に一緒に狩りに行くメンバーが居るのと居ないのでは天地の差であろう。
其れが上級ダンジョンに行くことができる人物であれば・・・作業作業と愚痴をこぼして臨港へ行く必要も無いのだ。
対人戦にしても然り、ギルド内に同じ事柄に興味を持っている人が居るだけで、どれだけ救われることか。
普段の会話にしてもそうだ、一人で狩りをするにしてもギルドチャットの有無によって気分は大きく上下する。
ただ単に接続した時の挨拶があるだけでも、今までずっと一人で狩りしていた人にとっては有難いものなのだ。

これらの環境整備(軍備)をする事が、メンバー(国力)を維持し、また新たなメンバー獲得(征服)に繋がるのである。
具体的な軍備の手順はどれも、知識を増やし事柄への理解を深め自ら実践する、といった具合である。


さて、「すべての国にとって重要な土台となるのは、よい法律とよい武力とである」の通り、
武力とは軍備(環境整備)からなるもので、そのまま国力と考えても良いのであろう。
そして大事なことは、この武力に法律が双璧を成すという点であろう。

要するに、いくら狩が盛んに行われていようが対人戦が強かろうが、無法地帯では駄目なのである。
メンバー全体をまとめる法律、つまりギルド規約が必須なのだ。
このギルド規約無しにメンバー拡大ばかりを図るようでは、いずれギルドとして形を保てなくなるだろう。


・軍隊について・・・ROでいう軍隊とは正直、攻城戦における実質の戦闘員のイメージしか存在しない。
その意味での軍隊であれば、自国軍だけで編成するのが最良というのは間違いでないことがわかる。
傭兵を雇ったり、他ギルドからの援軍というものは所詮は一時しのぎに過ぎず、自国に有益なものではない。
何故ならば他の力を借りるということは、自国に力が無いことを示しているからである。
即ち、これは他国・傭兵集団に自ギルドのメンバーが流出することに繋がりかねない。

自分でやろう、とする気が無いのであれば、始めから何もするべきではない。
他人に委託して済ませることは、自分は他人の一部で構わない、と言っているようなものなのだ。
もし、どうしても仕方が無い、という場合があるのであれば、自ギルドの誇りだけは死守しよう。

誇りなんてものは気休めに過ぎないが、何事も気持ちから、というのは事実である。


さて、ROにおいてギルドを重複することが頻繁に起こりうるのは特筆すべき特徴と言えるだろう。
現実社会では、国籍を二つある人は珍しい。 所属すべき会社も大体一つだろう。

所属をハッキリとさせることは重要である。
二つ以上のギルドに所属しているというメンバーは、できる限り重みを自ギルドに置いてほしいところである。

ギルドを重複するということはメンバーからすれば悪いことは特にはない。
ギルドからすると全てが悪いという訳では無いにせよ、その利点は2割程で残りは害となる。
何故なら、重みが別のギルドにあるメンバーは、ギルドにとって敵と成り得るからである。

よく陥るケースが低接化、最悪の場合は別のメンバーを他のギルドへ引き抜いてしまうに至る。
極端な話かもしれないが、そういうことは実際に起こり得る。
ギルドを重複しているメンバー全てが悪いと言う訳ではないが、そういうメンバーには特別に、
「自ギルドを大切にしてほしい」という意思を伝えないといけない。


・軍備というものが先に述べた意味であれば、軍備が君主の力量を強化するもの、ということは納得できるだろう。
狩り環境の整備の為、普通に狩りをしようにも君主が普通の狩場で狩れなければ成立しない、上級狩場も同様である。
対人戦の環境を整備のも同様に、まず君主が率先して知識を蓄え、装備を揃え、ユニットを育成し、戦いに臨まなければならないのだ。

でなければ、メンバーは誰も付いてきてくれはしない。
そしてメンバーの協力無しには環境を整備することなど、出来はしないのだ。

まず始めの一歩はメンバーの信頼を得る為の努力に尽きるだろう。


・訓練・・・狩り、対人、イベントなど成す事、全ては始めの内は訓練なのであろう・・・。
正直なところ、あまり訓練を必要としないのがROという世界なのかもしれない。
重要な根底は「如何に私財を肥やすか」である気がしないでもない。
要するに、掛けた時間がそのままステータスになる、と。

しかし、それでは身も蓋も無いので、訓練について少し誇張して考える。

ある程度の慣れは必要なのは事実である。
だからこそ、出来る人が出来ない人に教える、そして練習してもらう、というのは立派な訓練だ。

例えば「FWの縦置き」。 初心者には難しい・・・と思う。
普段の狩りにおける狩り方などというのも、例を少し広義的に考えれば立派な訓練が成立するだろう。

ただ一つ大事なことがある。
実際世界の軍事訓練というのは実際に戦争をする訳ではない。(演習等はあるだろうが)
つまり、このケースはこう、と言うように場合場合に応じた定石の会得をしているのだ。
一から終わりまで戦争のシナリオ・・・演劇の練習をしている訳ではない。

戦争というものは無数の場合が存在する。
だからこそ、その場面場面で、これまで学んだ多くの定石の中からその場面に合う手段を選んで行くのである。


何が言いたいか、というと。
「HWがいないから狩りにならない」
という言い分は、

軍事演習でマシンガンで人を撃つ訓練をしていたから
いざ戦争になってマシンガンが無い場合、

「マシンガンが無いので戦えません」
と言っているようなものである。

マシンガンが無いのならピストルで撃て、それも駄目ならナイフを使え、最悪己の拳を使え。


極端ではあるが大体わかってもらえたかと思う。
軍事訓練はマシンガンの使い方を学ぶ為のものではない、武器の使い方、そして戦い方を学ぶものだ。

同様に狩りの訓練においてHWのSGだけを覚えてはいけない。
ROの世界全体における狩りの仕方を覚えよう。 他の職でも狩りはできるのだから・・。
馬鹿の一つ覚え、になってはいけない。


狩り方を学ぶ為には、狩場について学ぶ必要もある。
これは言わずもがな地形の理解を深めることと同義であると言えるだろう。
もちろん、こういう言い方をするのであれば、地形の中に出現するMobの種類特性も含む。


地形、そして倒すべき相手への理解を深めることは対人戦でも重要なことは言うまでもないだろう。


以上がROにおける実践的な方法であるとするならば、
精神的な方法は何か・・・もちろん同様に歴史を学ぶことである。

ROというものは規模はその都度違えど、仕様変更というものが存在する。
仕様変更によって、新しい装備・キャラ・スキルが増え、そして狩場が変わり、また増える。

仕様が変わると狩り方も変わる場合がある。
昔は主流だった狩り方も、新しい狩り方が確立され廃れていくこともよくあるのだ。

今の時代に最もあった狩り方を学ぶことも重要である。
しかし、一昔前の流行の狩り方、つまり狩りの歴史を学ぶことも負けじと大事なことなのである。

ここで、
今流行りの狩場、昔流行った狩場、今流行りの狩り方、昔流行った狩り方、の4つの条件があるとしよう。
臨港で行われているのは今流行りの狩場、で今流行りの狩り方である。

理想としてはギルド内でこの組み合わせができることであろう。
しかし、それを実行するには中々難しい。

充実した狩りをするには、ある一定水準以上の狩り場、狩り方が求められる、難しい。
全然普通の狩場に適当なメンバーで行き続けると、その内マンネリ化してしまうものである。

ならば、今流行りの狩場で今流行りの狩り方ができないのであれば、
今流行りの狩場で、昔流行った狩り方をするか、
昔流行った狩場で、今流行りの狩り方をするか、
昔流行った狩場で、昔流行った狩り方をするしかないだろう。

大体、流行の狩場ってのは、それなりに満足できるものである。
その満足できる狩場を見つけるのも大事であるし、満足できる狩り方をするのも大事だ。

もちろんまったく違うことをやっても楽しいと言えば楽しいが・・・。

ともかく、今流行りの、に拘るのも大事だが、昔の狩りの歴史を振り返ることも重要なのだ。

狩り方のレパートリーが増えることに直結する訳なのだから。


知識を増やそう、そして自分で考えよう、そして他人と相談して、皆で実行しよう。
行動そのものが訓練、演習であり実践しているのである。
[PR]
by ForLucker | 2010-05-10 22:46