↑ 風呂覗いてみました。


by ForLucker

<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

君主論 君主の征服

征服を実施する場合には君主には多くの配慮が求められる。マキャヴェッリは征服地域に近接する諸外国に注意する必要について述べており、例えばある地域においてある弱小国を征服した場合にその周辺の弱小国もまた征服者に対して進んで服従を申し出ると考えられる。同地域に影響力を持つ大国がいるならば、征服によって得られた諸勢力と連合してその国を滅ぼすことでようやく完全に支配を確立することが可能となる。

このような征服の諸問題を克服した事例としてマキャヴェッリは古代マケドニア王のアレクサンドロスが東方遠征で得られた広範な領土を維持し続けたことを成功例として挙げている。この事業の成功については君主国の様式で説明されている。君主国には、君主が大きな権限を以って行政を担う大臣を任命し、集権的に統治する様式と、元々その地域で支持を得ている諸侯にある程度の自律性を認めて、君主が分権的に統治する様式の二つがある。前者の様式の国家を征服者が統治することは容易であるが、後者の場合では各地でさまざまな勢力が存在するために困難であると考えられる。したがってマキャヴェッリはアレクサンドロスの征服はペルシア帝国が集権的な君主国であったために安定的な統治が成功したと考察する。

征服においてはそれまで自由市民によって統治されてきた都市や国家を征服することもある。このような民衆を統治するためにはマキャヴェッリによれば一般に三つのやり方が考えられる。第一にそのような都市を滅亡させること、第二に君主がその地域へ移住すること、第三にある程度の自治を認めて君主に従順な寡頭政権を成立させること、この三つである。基本的に自由市民はかつての独立を回復しようと試みる傾向があるために、その地域の市民を統治政策の中で活用することが適当である。


上はwikiから転載
[PR]
by ForLucker | 2010-04-22 20:19

君主論 君主の統治

マキャヴェッリはまず国家の政治体制から共和国と君主国に大別した上で、君主国に議論を限定することから始める。そもそも君主国の統治を行う場合により容易なのは世襲の君主国である。なぜなら世襲の君主ならば既に定められた政策を維持して不測の事態に対処するだけで統治は事足りるからである。この場合には君主は平均的な能力さえ持てば国民にも好感を持たれ、たとえ侵略にあったとしても奪還が可能である。

しかしながら、全く新しい君主国を建設する場合にはさまざまな問題に直面することになる。なぜならば君主は国家を建設または獲得する上で不可避的に国民に何らかの被害を与え、そのことによって反乱が発生するからである。征服によって領有した地域の住民の言語や風習、制度などが征服者のそれらと異なる場合、統治にはさらに深刻な困難が生まれると分析する。このような国民との対立を解決する施策としては、征服した地域における旧君主の血統の根絶、支配地域の法体系や税制の維持、征服者が本拠地をその地域に移すことや、移民を兼ねた部隊の派遣を政策として提示している。

このような君主国における民衆の心理の分析を踏まえてその対処については、「覚えておきたいのは、民衆と言うものは、頭をなでるか、消してしまうか、そのどちらかにしなければならないことである」という見解を示している[2]。つまり領民を被治者としてだけでなく、有害な敵にもなりうる潜在的な存在として君主は認識することをマキャヴェッリは強調している。


上はwikiから転載
[PR]
by ForLucker | 2010-04-13 18:17

最後に

引退してからまだ1ヶ月も経ってませんが、こんばんわ。
まだギルドのホームページからリンクがあるようなので、きっちり引退宣言しておこうかと思います。

3月下旬にROは引退しました。

引退理由につきましては、掲示板にも書いたのですが
ギルド外の人にもわかるように一応ここにも書いておきます。

4月から新生活でROできないから、です。

まぁそんな訳で、皆様お世話になりました。
ここのブログについては以降更新することはないので悪しからず。


あと最後に書き残した事があるので、それを終えてからブログ凍結とします。

果たしてこれが必要な事かどうかは今はもう確かめる術はありませんが、
今までずっと道標となってきた事柄です、 『君主論』 について。
[PR]
by ForLucker | 2010-04-13 17:05